こんばんは、大東志塾の梅津です。

明日、中3生は五ツ木テストを控えています。
本番を見据えたハードな内容ですが、
受験に近づきつつあるため、
明日の第4回は受験者数も増えます。

当塾でも、明日のテストに向けて、
五ツ木対策の授業を進めてきました。
昨日は英語の、今日は数学の補習を行いましたが、
生徒たちも積極的に参加し、
取り組んでくれました。
(画像は、今日の中3生の社会の授業模様です。)

さきほども申した通り、本番レベルなので、
高得点を取るのは難しく、
当然、平均点も下がります。
ですから、
点数や出来具合で一喜一憂するのではなく、
既習内容で忘れていたところや、
理解が不十分であったところを
あぶりだすためのいい機会だととらえて、
前向きに、一つ一つ復習を積み重ねていくようにしましょう。

そして、
こうした模擬テストを受けることで、
気持ちをより一層、受験モードに持っていくことができます。
自身を(もちろん良い意味で)受験モードに追い込んでいきましょう。